8月29日(木)晴れ 北京   2日目    





今日はチケット取りにあけくれた。 まず昨日の宿は高いので安い宿にChenge. 今度は「満隆酒店」。受付の女の子はけっこうかわいい。

とっとと明日の夜の北京ー西安の電車のチケットを 取って北京観光だ! っと思ったらとんでもない。まず北京駅に着けない。 駅という字は"立占"と書かないと筆談してもわからないらしい。 結局バスを三回乗り継いで北京駅へ。 駅に着いたら集票処(チケットを買うところ)はまさに修羅場。 喧嘩というより戦争だ。列が列をなしてなく割り込みが割り込み を呼び、ケンカが始まっている。どうするんじゃ、こりゃ。 これはヤバイと思いつつ近くの人に聞いてみると、北京ー西安の 鉄道は"北京西駅"へ行けと言う。何だそりゃ。そんなんしらんよ。


とにかく今度は地下鉄に乗って、北京西駅へ。なんとこの西駅、 今年の6月に出来たばかりで、かなりの路線がこっちに移ったらしい。 そりゃわからないよ。 とにかく並んでみる。西安まで夜行"堅臥(二等寝台)"二票! なんか言ってるぞ。何でもいいよ、とにかくくれ。今度は以外と すんなり買えた。....しかし!見てびっくり!買ったのは"臥"で なくて"座"。つまり噂に聞く中国最低の席"硬座"だ!! まあ北京ー西安間十六時間なんとかなるだろうと開き直った。


とにかく疲れた。飯食おう!駅近くの市場の屋台で、炒飯、炒面、 肉菜、ビールを頼む。そしたら来るわ来るわ、すごい量だ。かなり 食べて油っこい炒面を残してたら、店のおばちゃんが何やら言ってきた。 中国では食べ物残しちゃ行けないよ。"是中国人"と言っている。 更に仲良くなっちゃってもう一杯炒面とビールを持ってくる。 佐野と死ぬきで食べてやっとの思いで帰してもらった。 もう宿に帰って寝るしかない。


                                       

Silkroad Footer
シルクロードの旅ナビ (始めに戻る)
北京西安ウルムチカシュガルフンジュラーブ峠風の谷イスラマバードラーホールカラーチー香港

 シルクロード地図を見る