germany


                    



ビュルツブルグ

〜聖者の橋〜

ベルギーからの夜行は朝五時にビュルツブルグの駅に着いた。 もちろん外は真っ暗だ。しかしここがロマンチック街道の最初の町だ。 歩き出そう。駅をでると、中世の町並みそのままが残っている。その中 でもひときわ目立つのは川向こうの小高い丘の上に立つ古い要塞だ。 あそこまで行こう。薄暗がりの町をそちらの方に向かって歩く。うーん ドイツって感じだ。教会がある、その向こうには川に橋が架かっている。 十二人の聖者をまつった聖者の橋だ。きれいだ。もうすぐ朝日が昇る。 小高い丘への入り口がわからない。そこら変をうろうろしてると、自転車 に乗ったおじさんが手招きしてくれている。うーんドイツ人のおやじだ。 その道をどんどん登る。道は結構急だがまわりは緑が美しい。静かだ。 壊れかけの橋がある。その下をくぐる。いくつかの洞窟をくぐる。だんだん 要塞の城壁を通りぬけ中に入っていく。すごくいい気分だ。寒いけどバックパック を背負って登っているので体の中は暑い。 ついに要塞の最上部まで到達する。川側の城壁に登る。さっき駅から目指して いたその部分まできたのだ。朝日が昇っている。川に反射する。朝の水門が 開く時間だ。空気がおいしい。残していたパンをかじる。いい気分だ。



ローテンブルグ

〜城塞都市〜

ここローテンブルグはロマンチック街道の中でも一番ともいえる見所だが, 冬は街道にバスが走っていないので鉄道で行くにはかなりめんどくさい。 しかし町全体が高い城壁に囲まれたその入り口をくぐった時,思わず息をのむ。 その城壁の中はまさに中世の町並みそのままだ。ミニチュアで見たことがある、 メルヘンチックなおもちゃのような家に人が住み生活しているのだ。 いくら散歩しても飽きない。いろんなところに発見がある。ディズニーランド だ,まるで。さらに寒い寒い。雪が降ってなお美しい。町の反対側は谷になって いて川が流れている。とにかくここもきれいだ。 一人で悦に入っているが、人が少なく、私はひとりぼっちだ。ちょっと寂しい。



アウグスブルグ

〜真っ暗な町と安らぎの友〜



フュッセン(ノイシュバン・シュタイン城)

〜悲劇のシンデレラ嬢〜



ミュンヘン

〜Beer!Beer!Beer!〜




とにかく寒いので南へ南へ向かおう。

列車はアルプスを越えてイタリアに向かいます。

Go to ITALY.


                                       
+ イギリス + オランダ + ベルギー + ドイツ + イタリア + 南仏 + スペイン + フランス + マレーシア +
* ヨーロッパの旅 *